ケータイ辞書JLogosロゴ 大窪村(近世)


山梨県>境川村

 江戸期〜明治7年の村名。八代郡のうち。小石和【こいさわ】筋に属す。はじめ幕府領(「慶長古高帳」では旗本三井氏知行),のち甲府藩領,享保9年幕府領(上飯田代官所),延享3年からは田安家領。村高は,「慶長古高帳」102石余,貞享元年検地および「宝暦村高帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ではともに113石余。田畑反別は田3町余・畑9町余で,畑が多かった。宝暦10年の戸数30。文化初年の戸数30・人口136(男68・女68),馬8,村域は東西5町・南北53町余(国志)。助郷は甲州街道石和宿の定助郷を勤め,文久年間には中山道八幡・塩名田宿の当分助郷が課せられた。用水は境川を利用していたが,文化10年小黒坂村との間に争論があった。また藤垈【ふじぬた】・上曽根・白井河原・寺尾・鶯宿の各村とともに鶯宿山を入会山として利用したが,貞享3年鶯宿村との間に入会争論が起きた。安永2年村役人の不正を訴える小前騒動があった。寛政4年の太枡騒動では村内から投獄者を出した。神社は神明宮,寺院は曹洞宗勝円山広沢院がある。明治4年山梨県に所属。同5年の主な産物は,米35石・麦90石・蚕繭25貫目・薪500束。同7年五成村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335323
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ