ケータイ辞書JLogosロゴ 大蔵村(近世)


山梨県>須玉町

 江戸期〜明治7年の村名。巨摩郡のうち。逸見筋に属す。はじめ幕府領(「慶長古高帳」では旗本真田隠岐守知行地),のち甲府藩領,享保9年幕府領,延享3年一橋家領,寛政6年から幕府領(甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」575石余(ほかに大窪村として見え窪宮大明神領1石余),「宝暦村高帳」653石余,「天保郷帳」654石余,「旧高旧領」も同じで,うち三島大神社領1石余。村の広さは,東西4町余・南北13町余。宝暦2年の村明細帳によれば,反別は田37町2反余(うち13町6反余は二毛作)・畑8町1反余,戸数72・人口373(男186・女187),馬32,村内には紙漉7人・鍛冶1人・紺屋1人がいた。「国志」によれば,枝郷に新田があり,文化初年の戸数81・人口320,馬24。須玉川・塩川両河畔に立地し,平地に恵まれ地味も肥沃なので,須玉川の水を引いて米・麦中心の農業を営んだ。ただし地内に山林はないため,薪・秣は江草山・浅尾などに求めた。両川の川除・堰普請,若神子への助郷などの負担があり,諸役は免除された。神社は黒印1石5斗余の三島明神,領主(旗本)真田隠岐守の館の鬼門に建てられたと伝える稲荷子ノ神,宇佐八幡を祀る尾崎ノ宮,寺院は臨済宗京都妙心寺末嵩雲山少林寺がある。明治4年山梨県に所属。同7年穂足村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335328
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ