ケータイ辞書JLogosロゴ 大嶋村(近世)


山梨県>身延町

 江戸期〜明治7年の村名。八代【やつしろ】郡のうち。東河内領に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(上飯田・甲府・石和【いさわ】の各代官所を経て寛政6年以後市川代官所)。村高は,「慶長古高帳」78石余,「寛永村高帳」77石余,「宝暦村高帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに351石余。「国志」によれば,文化初年の戸数111・人口542(男272・女270),馬18,東は佐野嶺で上佐野の枝郷小草里へ下り,駿河への通路が南の内船へおよそ50町ほどの長さで通り,神社は神明宮のほか春日・金山・広田の祠がある。寺院は日蓮宗身延山久遠寺末の存立山感応寺と光長山妙泉寺,臨済宗和田村接心庵末薬王山東照寺の3か寺がある。東部にある本城山は本城時頼の居跡とも烽火台跡とも伝う(国志)。当村は富士川舟運の津出場であり,また駿州往還南部宿の大助郷を勤める。農業のほか,焼畑を利用して楮・三椏を栽培し,当村の重要な換金作物となった。また文化9年に当村にも16軒で手漉和紙業が行われた(大正5年大河内村村政取調書)。明治4年山梨県に所属。同5年の戸数108・人口570。同7年大河内村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335338
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ