ケータイ辞書JLogosロゴ 大島(近代)


山梨県>身延町

 明治後期・大正期〜現在の大字名。はじめ大河内村,昭和30年からは身延町の大字。もとは大河内村の一部。明治以後大正末期まで富士川舟運河岸として栄える。農業以外現金収入の中心は養蚕業で,昭和初年の最盛期は全戸の9割に及び昭和5年に製糸工場ができる。林業も大昭和製紙の入山を契機に活気を呈した。大正8年富士身延鉄道の甲斐大島駅の開設は地域の発展に大きな役割を果たす。昭和8〜10年に4町歩の大島新田が開発された。昭和30年代から生茶・シイタケなどの特産物の経営栽培が進む。世帯数・人口は,昭和30年160・872,同40年139・667,同58年131・504。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335339
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ