ケータイ辞書JLogosロゴ 大月(近代)


山梨県>大月市

 明治後期・大正期〜現在の大字名。昭和29年から大月町を冠称。はじめ広里村,昭和8年大月町,同29年からは大月市の大字。もとは広里村の一部。明治35年国鉄中央線が開通して大月駅が開設され,翌36年以降中央線は年々西に延長されていった。他方大正末期には県による富士北麓観光計画が進められ,昭和4年富士山麓電鉄の開通をみた。これにより大月は急速に発展し,近世以来郡中の中心であった猿橋にかわって,政治・経済・文化の中心となっていった。それを人口の増減でみると大正11年から昭和10年までの15年間に,大月は60%の人口増となり,逆に猿橋は13%の減少となった。明治33年県立第一中学校の分校が設置され,同43年県立都留中学校と改称。大正12年県立第四高等女学校が開校。大正末期甲斐絹市場が開設された。近年勤め人が増加し,住宅地化しつつある。昭和42年一部が大月1〜3丁目・御太刀1〜2丁目となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335365
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ