ケータイ辞書JLogosロゴ 大野村(近世)


山梨県>身延町

 江戸期〜明治8年の村名。巨摩【こま】郡のうち。西河内領に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(上飯田・甲府・石和【いさわ】の各代官所を経て寛政6年以後市川代官所)。村高は,「慶長古高帳」114石余,「宝暦村高帳」65石余,「天保郷帳」325石余,「旧高旧領」も同じで,うち本遠寺領260石余。地内の日蓮宗大野山本遠寺の開山日遠は,身延山(久遠寺)22世で慶長14年当地に退隠した(国志)。徳川家康の側室養珠院(お万の方)は,紀伊藩主徳川頼宣の母で日遠に帰依した。慶安3年頼宣は本遠寺諸堂の造営を行い,承応2年同寺に養珠院の墓廟を建立した。「国志」によれば,文化初年の村高65石余で,ほかに本遠寺領49石余と見え,戸数13・人口71(男34・女37),馬2,ほかに本遠寺塔頭13軒,本遠寺内の人口は僧21・下男14,同寺門前の戸数11・人口42,当村内の寺領の戸数30・人口112(男58・女54),馬4,地内にはほかに同寺末の妙源寺などがある。本遠寺へは毎年8月紀伊藩主の代参専使をはじめ参詣者が多く,当村は門前町としてにぎわう。かつて当村は水利の便が悪く,延宝年間本遠寺6世日寛により波木井川南岸の柏坂山に長さ90間の暗渠を掘り,波木井川の水を引いて「山畠悉ク稲田」(国志)となったという。神社は村持の天神宮と八幡宮。当地は富士川舟運の波木井河岸の支岸としてもにぎわい,また,駿州往還下山宿の大助郷村でもある。明治3年当村を含む西河内領53か村は助郷免除を願い出ている(身延町誌)。同4年山梨県に所属。同5年の戸数51・人口208。地租改正前の反別は田4町余・畑8町余など(市郡村誌)。同8年身延村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335382
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ