ケータイ辞書JLogosロゴ 桶屋町(近世〜近代)


山梨県>甲府市

江戸期〜昭和39年の町名江戸期は甲府城下下府中(新府中)23町の1町甲府築城にともなう新城下町造営により成立町人地三ノ濠で囲まれた郭内のうち南端に位置する北は下連雀町,西は鍛冶町に接する東西の町並みで,北側86間余・南側108間余(国志)町名の由来は,桶職人が居住することによる諸役免許とされた桶大工職屋敷40軒があり,役引7町の1町として伝馬役・町人足役が免除されていた戸口は,寛文10年329人(甲府御用留/甲府略志),貞享4年58戸(上下府中間別/同前),享保5年466人,うち男261・女198・僧6・山伏1(上下町中人数改帳/甲州文庫史料2),宝暦12年416人(甲府町中人別改帳/同前),文化初年52戸・279人,うち男145・女134(国志),天保7年44戸・308人(甲府上下町屋敷数人別改覚/甲州文庫史料2)桶大工の務め方は当初1人1か年に24人とされ,扶持は1日に米1升8合が支給された享保9年幕府領となって以後職人御用が減少したので,翌10年からは扶持方を10人に減じ,残る14人は扶持米なしで城内掃除人足または家職を務めることにしている町内には小商人もいたが,ほとんどが桶職人で木を取り扱うため山の神である大山祇命を祀り毎月17日を縁日とした(裏見寒話)桶屋弥五右衛門は先祖勝村清兵衛が戦国期武田氏の御用を務めた由緒をもち,江戸期を通じて甲斐国中地方で通用した斗桶の製作を家職とした寺院は曹洞宗長光山心月院・浄土宗向富山教学院・修験本山派玄昌院があり,ほかに浄土宗高学山光浄寺があったが江戸後期に廃寺となった享和3年4月柳町から出た城下の大火で57戸を類焼,また嘉永7年3月同じく柳町からの出火で54戸を類焼明治3年の戸数71,うち家持47・借家24(甲府町方家数人数取調書)同17年甲府総町戸長役場,同20年から甲府錦町外三十六ケ町戸長役場の管轄区域に入る同22年甲府市に所属同年の戸数141・人口656,大正9年の世帯数164・人口778,昭和前期にかけて戸口は漸増昭和20年の空襲では全世帯数173が全焼(甲府空襲の記録)同26年には世帯数118・人口546同39年中央1〜5丁目の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335427
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ