ケータイ辞書JLogosロゴ 落合村(近世)


山梨県>甲西町

 江戸期〜明治22年の村名。巨摩郡のうち。西郡筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(石和【いさわ】代官所など)。村高は,「慶長古高帳」363石余(ほかに隆善寺領2石余・八王子領1石余),「寛永村高帳」563石余,寛文12年検地602石余,「宝暦村高帳」617石余,「天保郷帳」621石余,「旧高旧領」も同じで,うち隆善寺領2石余・宗持神領1石余。反別は,慶長6年検地で田20町余・畑13町余・屋敷9反余で荒地が27町余と多く,寛文12年検地では田27町余・畑30町余・屋敷9反余。戸口は,享保20年の村明細帳では175戸・684人(男319・女352・僧13),文化初年には174戸・754人(男384・女370),馬9・牛2(国志),天保9年の村明細帳では195戸・955人(男470・女485),ほかに神主9人・僧5人。村の広さは東西10町・南北11町。「国志」によれば,枝郷に東落合・西ノ久保・西新居がある。助郷は荊沢【ばらざわ】宿へ出役。入会地は権現堂山(7か村入会),雨鳴山(4か村入会)の2か所。用水は各所の湧水を利用した。市之瀬川・堰野川・思沢(重沢)などが村内を流れるため水害も多く,地内宗持・足原・梨木などの場所16町余が「水いかり場」とされている。また川除・川普請の負担も重かった。田には,げんろく・こほれ・やろく・あせこし・とうほうしなどの品種の稲を,畑には木綿・粟・稗・大豆・煙草などを栽培した。幕末期にはボタンキョウ(スモモの一種)・モモなど果樹の栽培も始まり,名産となる。寛文検地では藺田が1町6反余登録されているが,これを材料に婦女子が農間稼ぎとしてござ・むしろを織って売りさばいた。また,かや(茅)大工23人が記録されているが,これが天保年間の村明細帳に見える屋根屋連中に引きつがれたものと考えられ,ほかに鍛冶1人・大工3人・樋屋1人・商人7人などがいた(村明細帳)。名主役は長百姓が交替で勤務。神社は八王子権現社,寺院は曹洞宗落合山隆善寺・宗持山成妙寺・河林山常泉寺・普門山来光寺などがある。俳人辻嵐外は文化2年頃東落合の新津氏宅の離小屋「楽庵」に寄寓し,さらに文政10年頃西落合の新津釜金の北亭へ移って活動している。成妙寺に彼の墓がある。神主矢崎水穂は幕末に寺子屋を開き,明治4年の寺子数は男65・女5。同年山梨県に所属。同7年川上・塚原・秋山・湯沢の4か村とともに当地八王子社境内に落合学校を開設。同年の耕地面積は田25町余・畑36町余。地租改正後の反別は,田43町余・畑38町余・林10町余・宅地12町余・竹藪2反余(市郡村誌)。明治11年中巨摩郡に属す。同22年落合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335448
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ