ケータイ辞書JLogosロゴ 小屋敷村(近世)


山梨県>塩山市

 江戸期〜明治8年の村名。山梨郡のうち。栗原筋に属す。於屋敷村とも書く(慶長古高帳・寛永村高帳・元禄郷帳・天保郷帳)。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年幕府領,宝暦12年清水家領,安政3年からは幕府領(「旧高旧領」では甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」564石余(ほかに恵林寺領23石余・大明神領13石余),「宝暦村高帳」696石余,「天保郷帳」787石余,「旧高旧領」では777石余(うち六所神明領13石余・恵林寺領59石余・恵林寺除地6石余)。北は藤木村,南西は三日市場村,東南は千野村に接する。文化初年の戸数101・人口360(男185・女175),馬10(国志)。耕地は平坦地で,主として米・麦類の生産と養蚕を営み,特産物にころ柿・栗がある。用水は笛吹川から引水する小屋敷堰・藤木堰を利用。神社に松尾神社(六所明神ともいう)があり,同社は神明宮・八幡宮などを配祀,中に日本武尊の褥塚がある。社中にかつて二階堂道蘊の寄進金仏があったと伝える。恵林寺所蔵の永禄6年の検地帳によると,同社で9年に1度大つくえ祭といわれる大祭があったが,文化年間にはすでに絶えた。また元亀3年於曽左京亮信安の社領寄進状が所蔵されていたが,現存しない。寺院は臨済宗妙心寺派乾徳山恵林寺および塔頭の望月庵・栖松軒・岩松院・東隠軒がある。同寺は元徳2年夢窓国師の開山,牧荘領主二階堂出羽守貞藤の開基で,永禄7年武田信玄は快川国師に寺領を寄進し,菩提寺とした。「国志」によれば,朱印寺領は59石5斗余(このうち29石2斗4升8合は慶長四奉行の証文に見え,寛永19年6月18日の朱印があり,その後寛文11年6月新たに30石3斗余が寄進),文化初年の寺内僧39・堂司2,門前戸数31・人口119(男59・女60),馬6,末寺41・孫末14。また,武田信玄・柳沢吉保の墓や,天正10年織田信長の兵火により犠牲となった快川国師ほか門戸100余名の納骨碑「天正亡諸大和尚諸位禅師安骨場」がある。明治4年山梨県に所属。同5年の税法改正にともなう大小切事件の小沢留兵衛は当地の出身。地租改正前の反別は,田22町余・畑29町余(市郡村誌)。特産物にころ柿・かち栗がある。同8年松里村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335481
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ