ケータイ辞書JLogosロゴ 加吉駅(古代)


山梨県>山中湖村

平安期に見える駅名都留【つる】郡のうち「延喜式」巻28,兵部省諸国駅伝馬条に「甲斐国駅馬水市・河口・加吉各五疋」と見える駅名加吉は「加古」の誤写とする説(甲斐叢記など),加吉が正しくのちに加古となまったとする説(甲斐名勝志)などがあるが,おそらく誤写説が正しいであろう駅址は加古坂(今は籠坂と書く)のふもと,山中湖西岸の南都留郡山中湖村山中付近にあったであろう当時の駅路は東海道横走駅(静岡県御殿場市)で東海道本路から分岐し,加古坂を越えて甲斐に入り当駅に達し,これより北西進して河口湖東岸の河口駅に至り,さらに北方御坂【みさか】峠の険路を越えて甲府盆地に入り,水市駅を経て終点甲斐国府に到達したすなわち,古駅路は後世の鎌倉街道とほぼ同じ道筋であったと推定されるただし,古駅路は三国峠の西ヅナ峠を越えて甲斐に入り,山中湖東の加吉駅に達し,これより河口湖北岸の河口湖町大石にあった河口駅を経て,大石峠を越え甲府盆地に入ったとする異説があるが(綜合郷土研究),通説を否定するほどの根拠はない(甲斐の古駅路について/郡司及び采女制度の研究)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335504
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ