ケータイ辞書JLogosロゴ 上今井村(近世)


山梨県>櫛形町

 江戸期〜明治8年の村名。巨摩郡のうち。西郡筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(甲府・上飯田・市川の各代官所を経る)。村高は,「慶長古高帳」148石余(ほかに天神領4斗余),寛文4年検地219石余,「宝暦村高帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに222石余。反別は,慶長6年検地で畑24町余,寛文4年検地で畑30町余・屋敷1町余。村の規模は東西5町半・南北8町ほど。集落は北村・中村・南村・五味の小路に分かれる。宝永2年の家数79(うち本百姓75・水呑4),人数413,宝暦13年には126軒・569人,うち男286・女283(村明細帳),文化初年の戸数131・544(うち男260・女284),馬2・牛1(国志)。助郷は河原部宿へ大助郷を勤める。用水は御勅使川より堰で引き,入会地は高尾山長峯口・芦倉山の2か所にある。宝永2年には商人38人と多いが,農間稼ぎの1つと思われる。耕地に恵まれないため,古来より大根・人参・牛蒡・夏豆・葱苗・醂柿・塩の野売りやせり売りが認められていた。畑作は煙草・粟・大豆などを栽培。特に木綿栽培が盛んで,文化13年の作付面積14町余,文政4年15町余,嘉永5年10町余。豪農津久井庄左衛門は高50石余を所持し,下人20人ほどで綿作を行う手作地主で牛馬も多く使役していたが,幕末に至り衰退した。名主役は長百姓が交代で勤務。津久井七右衛門は幕末の学者で多くの門弟をもち,村内に筆塚がある。神社は若宮八幡宮,寺院は曹洞宗長栄山蓮法院・上井山竜泉院,日蓮宗妙信山常泰寺などがある。明治4年山梨県に所属。同6年吉田・十五所・沢登の3か村とともに吉田村に吉田学校を開設。同8年の戸数136・人口753。同年豊村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335602
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ