ケータイ辞書JLogosロゴ 上於曽(近代)


山梨県>塩山市

 明治後期・大正期〜現在の大字名。はじめ七里村,昭和3年塩山町,同29年からは塩山市の大字。もとは七里村の一部。明治36年国鉄中央線が地内を東西に横断して開通し塩山駅が開設され,以後七里村および周辺諸村を含む物産の集散地として漸次商業街を形成,蚕糸業も発展した。役場は七里村以来,小学校は明治12年新築移転して以来の所在地。同40年感化・育児・授産事業を目的として岡定六により塩山竹行李製作伝習所が開設される。その付属施設として保育事業を目的に昭和12年塩山愛育園を併設。同23年には塩山駅前75戸を全焼する大火があった。同30年県立図書館塩山分館開館,同31年県立塩山高校(現塩山商業高校)が開校した。商業街のほか住宅地も形成され,人口の増加がみられる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335618
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ