ケータイ辞書JLogosロゴ 上黒沢村(近世)


山梨県>高根町

 江戸期〜明治7年の村名。巨摩【こま】郡のうち。逸見筋に属す。もとは下黒沢村とともに黒沢村として1村をなし,慶長6年の検地帳には上黒沢村・下黒沢村を1村として黒沢村とあるが,上組・下組の集落形態をとっていたものとみられ,延宝検地帳には上黒沢村として独立している。はじめ幕府領(「慶長古高帳」では旗本真田隠岐守知行),のち甲府藩領,享保9年幕府領,一橋家領,寛政6年からは三たび幕府領(甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」では黒沢村として610石余(ほかに唐土大明神領6斗余),延宝7年検地帳280石余,「宝暦村高帳」284石余,「天保郷帳」285石余,「旧高旧領」も同じで,うち八幡大神社領6斗余。延宝7年検地での反別は,田20町余・畑26町余。戸口は,延宝7年検地帳では百姓屋敷数34,宝暦2年村明細帳では家数48・人口213,馬13,「国志」では文化初年に戸数54・人口247(男130・女117),馬25。天保元年3月より30年間甲州街道台ケ原宿の加宿三吹村の代加宿として中丸・長坂上条・夏秋の3か村とともに3人・3疋を負担し,当村は継立人馬1日1人1疋を勤めた。甲川に沿うにもかかわらず,当村は五町田・下黒沢の村々とともに水利に恵まれず,黒沢堰によって水源の乏しい泉川の水を引いていたが不足がちで,旱魃の年は六ケ村堰組合に懇請して年間約50〜60日分水してきた。宝永元年に八ケ岳西沢の水を締め切り岩場難所180間ほどをつけ回して3里ほどを引水し,下黒沢村と組合にて定式御普請の黒沢堰を新たに使う。しかし水源が細く,その後も六ケ村堰から分水を願うことがしばしばあった。水掛り面積は当村20町歩余・下黒沢村30町歩余で,堰諸掛りの負担割合は2対3,水使いは明六ツより昼七ツまでが当村,昼七ツより明六ツまで下黒沢村と定めた。ほかに五町田村と組合の思井堰にて3町歩余を養う。また村内を流れる甲川を締め切って23筋もの小堰をつくり,甲川沿岸に田地を開いたが,洪水のたびに流失を繰り返した。貯水池は沢田溜井(長24間・横19間)と下黒沢村と組合の鰍窪溜井(長32間・横26間)がともに寛永4年に築造された。農業は稲作が中心であるが,延宝検地では二毛作の麦田はなく,宝暦2年村明細帳に2町歩余とある。畑作は文化5年畑作損毛帳によると,稗8町余・粟7町余・大豆5町余・蕎麦4町余・大根菜2町余を作るとある。村内には沢田・中村・宮村・原村・枇杷久保の集落がある(国志)。鎮守の八幡宮は上黒沢村・下黒沢村の産土宮で,黒印6斗3升2合であるが,慶長黒印帳には唐土明神とある。寺院は曹洞宗正覚寺末黒沢山大蔵寺がある。明治4年山梨県に所属。同7年甲村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335643
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ