ケータイ辞書JLogosロゴ 上津金村(近世)


山梨県>須玉町

 江戸期〜明治7年の村名。巨摩【こま】郡のうち。逸見筋に属す。はじめ幕府領(「慶長古高帳」では旗本小尾氏・跡部氏の相給),のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」211石余(ほかに海岸寺領5石・大明神領1石余),「宝暦村高帳」340石余,「天保郷帳」346石余,「旧高旧領」も同じで,うち諏訪社領1石余・海岸寺領5石余。元文5年の村明細帳によれば,村の広さは東西11町余・南北26町余,戸数84・人口458(男213・女245),牛馬68,大工2人・商人2人がおり,御林1か所・百姓林5か所・藪35か所,名主役は長百姓が輪番で勤務した。文化初年の戸数81・人口329(男174・女155),馬36(国志)。用水は舟打沢の湧水と,信州平沢村地内から深沢川を引水して開削した4里の堰を利用した。村内の3か所に堤があった。川除普請による役引があり,扶持米が支給された。田では早稲,畑では粟・稗・蕎麦・大豆・小豆・油荏・野菜などを栽培した。神社は黒印社領1石8斗・社地2,088坪の諏訪西社明神,寺院は臨済宗妙心寺末津金山海岸寺・海岸寺末法雲山竜円寺,曹洞宗恵雲院末大和山大慶寺があり,海岸寺は黒印5石・境内360坪で行基の創立と伝え,のちに石室善玖禅師を祖とし,歴代領主の尊崇が篤い。また堂塔伽藍は輪奐の美を誇っていたが,天正10年織田信長の兵火に焼かれるなど数度の火災に遭って古記録とともに烏有に帰した。境内に祀られている100体の石像観音像は,信州高遠の石仏師守屋貞治作の優品で,また,光明観音堂は諏訪和四郎の作で彫刻が優れている。明治4年山梨県に所属。同7年津金村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335688
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ