ケータイ辞書JLogosロゴ 曲輪田村(近世)


山梨県>櫛形町

 江戸期〜明治8年の村名。巨摩郡のうち。西郡筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(市川代官所など)。村高は,「慶長古高帳」405石余(ほかに大明神領1石余),徳島堰開通後に田畑の開発が進み,延宝9年・貞享5年・元禄16年の各検地で反別27町余・石高330石余が増加し,「宝暦村高帳」776石余,「天保郷帳」788石余,「旧高旧領」786石余(うち諏訪社領2石余・西光寺領3石余)。村の規模は東西26町・南北10町。枝郷に新田がある(国志)。宝暦年間の家数152・人数703(男356・女347),牛馬54(村明細帳),文化初年の戸数189・人口753(男381・女372),牛55・馬25(国志)。用水は徳島堰・大和川・高室川・塩沢川より200間余の堰で引き,田には弥六・源六・白えび・無毛などの品種の稲を用い,畑には木綿・粟・煙草・稗・荏・大豆などを栽培し,煙草を少々売り出していた(村明細帳)。入会地は高尾山・大和山・高室沢にあり,小物成を納める。名主役は長百姓が交代で勤務。助郷は大助郷として鰍沢【かじかざわ】宿へ出役。万延元年大火で50余戸が焼失。保坂儀兵衛は幕末の学者で寺子屋を開き,邸内に筆塚がある。枝郷の新田は本村から約1km離れてあり,寛文年間の徳島堰の開削にともない同堰の最末流の芝間に開発されたもの。御勅使川の伏流水である流水線に沿って北西から南東にのびる街村形態の集落を形成。新田の高は本村の村高のうちに含まれているが,新田分のみの高反別は延宝9年検地で83石余(田2町余・畑4町余・屋敷1町余),貞享5年検地では97石余(田5町余・畑1町余・屋敷9反余)。以後95石余前後の高として幕末にいたる。屋敷数は貞享5年に24軒,以後元禄7年に4軒,同12年に5軒が増加している。新田の百姓の出身村は本村が多いが,ほかに飯野村・上宮地村などからも移住している。文化15年本村から独立するための規定書を市川代官所宛に提出したが,それによると村役人の選出,諸帳簿の扱い,年貢諸役の負担などについては本村とは別に行うこととなっている。しかし,年貢免状については別免の形式がとれなかった。実質上は独立して曲輪田新田村となってはいたものの,領主の把握としてはあくまで枝郷としての扱いであった。このため,「天保郷帳」「旧高旧領」でも曲輪田新田村の名は見えず,本村のうちに含まれていた。神社は朱印高2石余で県文化財の木彫神像を有する諏訪大明神,寺院は日蓮宗長金山円宝寺,曹洞宗法伝山西光寺・医王山清源寺・新宝山大慈庵があり,また新田には曹洞宗高尾山竜洞寺がある。大慈庵は不動尊を合祀し,雨乞不動として市川代官が出張して祭典を行った。明治4年山梨県に所属。同6年曲輪田学校を開設。同8年曲輪田新田は源村の一部となり(現白根町),本村は榊村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335884
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ