ケータイ辞書JLogosロゴ 小池村(近世)


山梨県>高根町

 江戸期〜明治7年の村名。巨摩【こま】郡のうち。逸見筋に属す。はじめ幕府領(「慶長古高帳」では旗本三枝土佐守知行),のち甲府藩領,享保9年幕府領,宝暦12年清水家領,寛政7年からは三たび幕府領(甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」124石余(ほかに大明神領2石余),寛文6年検地165石余,「宝暦村高帳」168石余,「天保郷帳」174石余,「旧高旧領」も同じで,うち諏訪明神社領5石余。反別は,慶長検地で田6町余・畑4町余,ほかに熊蔵荒・弾正荒が田3町余・畑19町余あり,寛文6年検地で田11町余・畑10町余。戸口は,寛文検地で百姓屋敷数26,「国志」では文化初年に戸数40・人口157(男81・女76),馬15,元治元年家数書上帳では家数43・人数178,馬36。用水は川俣川村山組合六ケ村堰により,薪秣は13か村組合による八ケ岳入会地にて取る。近世以前に比較的安定した開発が進んでいたとみられ,寛文検地では上田が全耕地の8.3%と近郷では下黒沢村・村山東割村と並んで比率が高く,高1石に対する耕地も1反3畝余と村山東割村に次いで小さい。鎮守は船形神社と呼ぶ諏訪大明神(御朱印5石余)で,武田氏の祈願所と伝える。寺院は曹洞宗大八田村清光寺末有光山広徳寺(黒印地270坪)があり,承元2年逸見太郎有信の開基といわれる古刹で,逸見第24番札所となっていた。船形神社の7月の例祭であるみそぎ祭には古来より生茅にて作った直径30cm・長さ10m程の竜のアーチを氏子一同が3度くぐって豊作・家内安全を祈願する。明治4年山梨県に所属。同7年熱見村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335920
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ