ケータイ辞書JLogosロゴ 小黒坂村(近世)


山梨県>境川村

 江戸期〜明治7年の村名。八代郡のうち。小石和【こいさわ】筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(はじめ上飯田代官所,寛保2年からは石和代官所),延享3年からは田安家領。村高は,「慶長古高帳」296石余(ほかに権現領2石余),「宝暦村高帳」385石余,「天保郷帳」437石余,「旧高旧領」も同じで,うち熊野社領2石余・聖応寺領49石余。なお,聖応寺領49石余は大黒坂村を形成していたが,「天保郷帳」「旧高旧領」では小黒坂村に含まれて見える。戸口は,寛永2年45戸・204人,文化初年40戸・133人(男59・女74),馬4(国志),天保14年39戸・169人。宝永2年の村明細帳によれば,畑が多く,煙草栽培が盛んであった。延享4年の村明細帳では,小商2人・医者1人が見える。助郷は,甲州街道石和宿の定助郷を勤め,幕末期には中山道八幡・塩名田宿の当分助郷が課せられた。用水は狐川・境川を利用したが,たびたび大黒坂・米倉などの村々との間に争論が起きた。入会山は,大黒坂・石橋・三椚・大坪・前間田・米倉・小山の各村とともに中芦川山を利用。甲州天保騒動(郡内騒動)に際し,村内の1軒が打毀を受けた。天保11年,小前層より村役人の不正を追及する訴願があった。また幕末期には石橋村との間に入作出入りが起こった。安政年間から明治初期にかけて醤油が作られた。神社は熊野神社。寺院は身延山久遠寺末日蓮宗妙見山晴雲寺がある。明治4年山梨県に所属。同6年の産物は,米96石余・大麦150石・小麦105石・繭200貫目・生糸3貫目。同7年五成村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335960
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ