ケータイ辞書JLogosロゴ 小倉村(近世)


山梨県>須玉町

 江戸期〜明治8年の村名。巨摩郡のうち。逸見筋に属す。はじめ幕府領(「慶長古高帳」では旗本真田隠岐守知行地),のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(甲府代官所)。村高は,「慶長古高帳」639石余(ほかに西向村として八幡領2石余),「宝暦村高帳」641石余,「国志」642石余,「天保郷帳」644石余,「旧高旧領」も同じで,うち八幡社領2石余。享保9年の村明細帳によれば,戸数92・人口378(男193・女182,僧3),村の広さは東西4町余・南北39町余,塩・茶の販売商人2人,紙漉6人,木挽2人,桶屋1人がいた。また,須玉川から取り入れる堰水によって米麦を中心とした農業が行われ,農間期には男は藁仕事や薪取りなど,女は布木綿織りに従事した。文化初年の戸数110・人口422(男209・女213),馬56(国志)。神社は八幡宮(通称中尾の神社),寺院は日蓮宗身延山久遠寺末長栄山見本寺・寂光山妙観寺がある。明治4年山梨県に所属。地租改正前の反別は,田36町余・畑13町余・大縄場田畑1町余など(市郡村誌)。同8年豊田村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7335963
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ