ケータイ辞書JLogosロゴ 清水村(近世)


山梨県>甲西町

 江戸期〜明治8年の村名。巨摩【こま】郡のうち。西郡筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年幕府領,延享3年一橋家領,寛政5年幕府領,天保3年からは田安家領。村高は,「慶長古高帳」171石余(ほかに八幡領7石余・若宮領4斗余),寛文12年検地および「宝暦村高帳」192石余,「天保郷帳」199石余,「旧高旧領」も同じで,うち八幡寺領7石余・若宮社領4斗余。反別は,慶長6年検地では田11町余・畑7反余・屋敷2反余,寛文12年検地では田13町余・畑4反余・屋敷8反余。文化初年の戸数27・人口111(男54・女57),牛馬なし(国志)。助郷は荊沢【ばらざわ】宿へ出役。稲作主体の村だが,隣村荊沢村の市川文蔵はすでに元文4年に35石余(反別2町4反余)の小作地を所持しており,地主の成長と零細農民の小作人化が顕著に進行していた。名主役は長百姓が交替で勤務。入会地は権現堂山(12か村入会)・八町山(15か村入会)の2か所,用水は東堰などを利用した。神社は若宮八幡宮,寺院は真言宗清水山八幡寺がある。明治4年山梨県に所属。同6年宮沢・大師・荊沢・戸田の4か村とともに宮沢村に宮沢学校を開設。同7年の耕地面積は田13町余・畑1町余で,江戸期と比べて畑が若干増加している。同年の産物は米・麦・小麦・大豆・秋菜・芋・白瓜・繰綿などで,産額では米に次いで繰綿が35%も占めている(甲西町誌)。ちなみに同9年の商工業者は,米穀商2・古金商2・古道具商2・漁業2・醤油製造業1・石工職2がいた(同前)。明治8年五明村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7336178
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ