ケータイ辞書JLogosロゴ 下粟生野(近代)


山梨県>塩山市

 明治後期・大正期〜現在の大字名。はじめ大藤村,昭和29年3月塩山町,同年4月からは塩山市の大字。もとは大藤村の一部。国鉄中央線の開通(明治36年)と,国道411号(旧青梅街道)の改修により交通面も発達した。地内を県道塩山停車場大菩薩嶺線が通り,山梨交通の定期バスは二本木まで通じる。大正期から昭和中期頃までの農業経営は,米麦の生産と養蚕を主としたが,昭和30年頃からモモ・スモモ・ブドウを栽培する農家が増え,現在は果樹地帯として近代化された農業経営が進められている。学校区は大藤小学校・塩山北中学校区。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7336185
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ