ケータイ辞書JLogosロゴ 下今井村(近世)


山梨県>若草町

 江戸期〜明治22年の村名。巨摩郡のうち。西郡筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(寛政6年から市川代官所)。村高は,「慶長古高帳」128石余(ほかに大明神領1石余・竜淵寺領1石余・若宮領7斗余),「宝暦村高帳」274石余,「天保郷帳」「旧高旧領」276石余。慶長6年検地の村高128石余の反別は,田1町余・畑15町余・荒地11町余と荒地の比率が高い。文化初年の戸数62・人口270(男140・女130),馬2(国志)。名主役は長百姓が交替で勤務。入会地は高尾山長峯口にあった。神社は若宮明神,寺院は曹洞宗充富山隆円寺・南補山慶昌院,日蓮宗上野山本覚寺がある。明治4年山梨県に所属。同7年の家数83・人数406で,江戸期に比べて増加している(甲斐国区別郡村便覧)。地租改正後の耕地面積は田6町余・畑39町余(市郡村誌)。同11年中巨摩郡に所属。同22年鏡中条村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7336213
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ