ケータイ辞書JLogosロゴ 下於曽村(近世)


山梨県>塩山市

 江戸期〜明治8年の村名。山梨郡のうち。栗原筋に属す。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年幕府領(石和【いさわ】代官所),のち田安家領。慶長6年検地で於曽郷から北の上於曽村と分村して成立。村高は,「慶長古高帳」855石余,正徳3年検地で998石余(反別は田36町1反余・畑18町余・屋敷8町2反余),「宝暦村高帳」「天保郷帳」「旧高旧領」も同石。村の広さは東西9町余・南北7町余。萩原山入会10か村の1つで米1石4斗余を上納し,助郷は甲州街道鶴瀬・駒飼両宿へ出役。文化初年の戸数120・人口411(男203・女208),馬16(国志)。神社は若宮八幡宮があり,於曽四郎経光の勧請と伝え,また林中のクリの木へサクラの枝が一夜にして生じたことから,古来村民が一夜桜とよんで珍重したという奇樹があった。寺院は日蓮宗金光山妙善寺・浄土宗宝池山正念寺・真言宗千松山祐泉寺・曹洞宗影井山宗竜寺などがある。用水は重川・笛吹川の諸堰によって恵まれ,一般農産物のほか煙草・柿を産し,養蚕業が盛んで登せ糸生産を営んだ。鎌倉期以来の豪族於曽氏の屋敷跡に居住した豪農広瀬文左衛門家は,古くから「土手の内」の名で呼ばれた。また田辺有栄は明治5年大小切騒動嘆願文の起草者として著名。明治4年山梨県に所属。同6年於曽学校を開設。ほかに私塾として松田有恒の菁我義塾,田辺恵助の家塾が知られた。地租改正前の反別は,田36町余・畑26町余(市郡村誌)。同8年七里村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7336228
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ