ケータイ辞書JLogosロゴ 曽禰(中世)


山梨県>境川村

室町期から見える地名八代【やつしろ】郡のうち室町期の成立という「日蓮聖人註画讃」によれば,弘安5年9月8日に身延山を出発した日蓮は,下山を通り9日には大井,10日に曽禰,11日に黒駒,12日に河口,13日呉地,14日には箱根の竹下を通り,同月25日に鎌倉に入ったという当地は戦国期には上・下に分かれるが,単に曽禰・曽根という言い方も残る永禄4年2月7日の武田家印判状によれば,菊嶋主計に対して「甲州曽根村ニ而八拾貫文」が充行われた(旧祖母口村伝右衛門所蔵文書/甲州古文書2)天正9年3月20日の武田家印判状写にも「〈曽根の〉新七郎」という人物が見え,他の9人の者とともに岩殿(大月市)の在番につき普請役を勤仕することが命じられた(河野家文書「申伝書」/甲州古文書3)同10年3月武田氏が滅亡し,同年6月に織田信長が本能寺に倒れると,甲州は徳川家康の支配に入る同年9月19日には,曽根松千代に対し,中牧で戦死した父平太夫の代わりに「曽根堀内分慈照寺寄進共ニ四十貫文」を本領安堵している(家忠日記増補/大日料11-2)曽根氏は甲斐源氏曽根厳尊を祖とするといわれるが,その屋敷跡ははっきりしない地名からして,ここは曽根氏の拠点の1つであったと思われるまた,天正11年4月19日の徳川家康印判状写によれば,市川御崎神社の社領として「曽禰内平岡分五百文」が見える(御崎明神社文書/甲州古文書2)現在の中道【なかみち】町上曽根・下曽根および境川村寺尾付近を含む一帯に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7336434
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ