ケータイ辞書JLogosロゴ 竹森村(近世)


山梨県>塩山市

 江戸期〜明治8年の村名。山梨郡のうち。栗原筋に属す。枝郷に平沢村があったが(元禄郷帳・天保郷帳),のちに分村した。はじめ幕府領,のち甲府藩領,享保9年からは幕府領(石和【いさわ】代官所と甲府勤番支配に二分,のち石和代官所)。村内は竹森上切(上竹森)・竹森下切(下竹森)に分かれていた(宝暦村高帳・国志)。村高は,「慶長古高帳」775石余(ほかに玉宮神領2石余),「宝暦村高帳」では竹森上切470石余・竹森下切501石余,「天保郷帳」974石余,「旧高旧領」では472石余(うち玉諸神社領2石余・玉宮大明神領1石余)。「国志」によれば,東は上萩原村,西は小屋敷村,西南は千野村,北は福生里村に接し,村高971石余のうち上切(502石余)は甲府勤番支配山ノ手組の役知で,戸数90・人口307(男158・女149),下切(468石余)の戸数75・人口274(男141・女133),馬15。耕地は東南に緩やかな傾斜地で,主として米・麦の生産や養蚕を行い,ほかに木炭生産などの林業を営んだ。神社は上切に玉諸神社,下切に浅間社・山神社があり,玉諸神社は玉宮神社ともいい,高さ2m余の黒水晶を神体とする。寺院は上切に真言宗福寿院・金剛院,臨済宗向嶽寺派鹿羅山高森院,下切に臨済宗向嶽寺派閻浄山大樹院・迦陀羅山延命院,浄土宗大窪山福応寺,曹洞宗小倉山宝授院,臨済宗円通山慈眼院・玉林山松径院がある。明治4年山梨県に所属。地租改正前の反別は,田26町余・畑61町余(市郡村誌)。同6年竹森学校を開設。同8年玉宮村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7336501
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ