ケータイ辞書JLogosロゴ 中萩原村(中世)


山梨県>塩山市

 戦国期に見える村名。山梨郡のうち。永禄13年正月25日付武田家印判状写によれば,「中萩原村之内弐貫九百文」が,当地の法正寺に寄進されている(法正寺文書/甲州古文書1)。下って,天正10年3月,武田氏が滅びると,甲斐は織田氏の支配を経て徳川氏の支配地となる。徳川氏の代官伊奈忠次は天正17年甲州の惣検地を断行するが,当地でも同年11月検地が行われ,同月17日付の徳川家郷中定書が「中萩原」宛で出されている(御庫本古文書纂1/伊奈忠次文書集成)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7336782
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ