ケータイ辞書JLogosロゴ 茜部村(近世)


岐阜県>岐阜市

 江戸期〜明治22年の村名。美濃国厚見郡のうち。加納藩領。「慶長郷牒」「元和領知改帳」によると村高2,489石余,「正保郷帳」は2,290石余,「天保郷帳」「旧高旧領」は2,932石余。「旧高旧領」は他に旧藩調漏として茜部神社領17石余・浄安寺領8斗余・天満宮領8升余がある。「新撰美濃志」によると「中茜部村・下茜部村・大野村・新庄村・更屋敷村は茜部のうちなり」とあり各村に分村している。正徳元年の下茜部村明細帳によると,下茜部村の村高1,022石余,戸数199・人口843・馬35,成就院・専慶寺,八幡宮・白山宮・県大明神・神明社がある。享保14年「下茜部村差出シ諸色様子書上帳」の戸数189・人口813・馬27(岐阜市史)。上茜部に飛田守明神社・堀氏城跡・船田古船場がある。下茜部にある八幡宮は加納城主松平飛騨守忠隆修造により大社となる。明治4年岐阜県に所属。同6年茜部学校・掇英学校創立(岐阜市史)。「町村略誌」の戸数445・人口1,982,馬25,物産は穀類のほか蜀黍・芋・甘薯など。同22年町村制施行以後も単独の自治体として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342308
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ