ケータイ辞書JLogosロゴ 安食村(近世)


岐阜県>岐阜市

 江戸期〜明治30年の村名。方県郡のうち。はじめ加納藩領,のち幕府領,さらに旗本蘆敷戸田氏・幕府領大垣藩預り地(宝暦9年より)の2給地となる。村高は「慶長郷牒」「元和領知改帳」「正保郷帳」共に755石余,「天保郷帳」は761石余,「旧高旧領」は758石余(うち幕府領大垣藩預り地503石余・蘆敷戸田氏領258石余)。天保9年の村明細帳によると幕府領大垣藩預り地の戸数59(うち高持45・水呑13・寺1),人口285,寺は山県郡掛村東光寺末寺禅宗岩松院,宮は熊野3社権現・神明宮・井深宮・八幡宮などがある。明治2年戸田氏領の戸数39・人口168・馬5。安政3年から明治5年まで加藤小三郎によって寺子屋開設,明治6年に謹申義校となる。同4年岐阜県に所属。同8年村山村を合併。「町村略誌」によれば家数177・人口813・馬36,荷積車36。同30年稲葉郡方県村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342374
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ