ケータイ辞書JLogosロゴ 小豆沢村(近世)


岐阜県>宮川村

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国吉城【よしき】郡小鷹狩【こたかり】郷のうち。天正14年から金森氏領,元禄5年以降は幕府領。村高は「元禄郷帳」は8石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では13石余。「国中案内」では村高9石余・家数16。「後風土記」によれば,当村は縦40間,横30間で,焼畑が1町3反余あり,家17・人数100余。産物に米3斗・稗30石・大麦8石・ソバ12石・大豆1石余・荏7斗・菜種3石・楮200貫・山葵300目・大小繭20貫・布15疋・年魚50尾・ウグイ30尾,寺社に産土神白山社・観音堂が挙げられている。小豆沢口関屋跡がある。同関屋は,安政5年の山中大地震で当村の人家・畑と共につぶれて後,隣村杉原村へ移った。国境榜示杭が小豆沢口より8町北,越中国婦負【ねい】郡加賀沢村境にある。当村を含めた小鷹狩郷12か村と越中国婦負郡桐谷村との間で寛文12年当村民ほかの江戸出訴に始まる飛騨越中国界論があった。両国界論は,越中側の入会山薪木盗伐がきっかけとなった。延宝2年には検使により論所の山が直接検分され,のちに裁許絵図裏書が下され当村側が勝訴。当村の東方は宮川の籠の渡しで鮎飛【あゆとび】村へ5町,西方は山,南方は杉原【すぎはら】村へ半里,北方は越中国婦負郡加賀沢村へ1里,また高山へ12里8町。明治8年に坂下【さかしも】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342386
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ