ケータイ辞書JLogosロゴ 阿多野郷村(近世)


岐阜県>高根村

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国益田郡阿多野郷のうち。天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領。村高は「元禄検地帳」「国中案内」では3石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では8石余。「後風土記」によれば村高8石,家数39・人数143。産物は稗7石余・ソバ10石余・大豆1石余・小豆2斗・粟5斗・大繭300目・小繭2貫500目・蕨粉6石余・菅莚15枚・山葵3貫目・山鳥5羽・岩魚2貫目・生馬5匹。村の東方は野麦へ1里半,西方は上ケ洞【かみがほら】へ1里半,南は日和田【ひわだ】へ1里半,北は乗鞍【のりくら】岳で高山へは10里半。当村より木曽街道を通り,野麦峠を経て信濃国へ向かう街道は江戸街道として重視され,金森氏の治世には道路改修に意が注がれた。阿多野郷内の各村は,山間部であるため生業に恵まれなかったが,春・秋の一時期に山中に小屋を設けワラビを採取。婦女子はワラビ粉をとり,男はワラビ縄をない,越中の商人に売り,米・塩・魚などとの交換をしていた。小屋の大きさは普通1間半から2間四方であったという(後風土記)。また当村は明和年間の山方米撤廃に際して反抗し,中心となって活躍した。明治8年高根村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342407
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ