ケータイ辞書JLogosロゴ 油島新田(近世)


岐阜県>海津町

江戸期〜明治22年の村名伊勢国桑名【くわな】郡のうち,揖斐【いび】・木曽両川の合流点付近に位置する幕府領笠松郡代支配地「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに村高373石余江内【こうない】村の枝村古くから治水工事が行われた土地で,延享年間,揖斐・木曽両川合流点へ150間の杭出し施設猿尾が築かれ(岐阜県治水史),宝暦4年・明和5年には多大の犠牲者を出して御手伝普請による油島締切堤工事が完了(濃州徇行記)天明8年の戸数17・人数74(佐野家文書/海津町史)明治5年三重県桑名郡に所属,同16年岐阜県下石津郡に編入同22年江内村と合併,油島村の成立に伴いその一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342438
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ