ケータイ辞書JLogosロゴ 飯柄村(近世)


岐阜県>羽島市

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国中島郡のうち。検地は慶長14年など。尾張藩領,元和6年からは毛利吉左衛門知行地。元和6年毛利氏に与えた徳川義直知行和行黒印状に「三百石 西美濃飯柄村之内」とある。村高は「正保郷帳」442石余(うち田308石余・畑133石余)で以後変化なし。大浦輪中のうち(徳川治水記)。寛政年間の村況は,東西4町半・南北10町。名古屋へ7里の地。戸数91・人口506,馬11頭。集落は南飯柄(本郷)・中飯柄・上飯柄の3組に分かれる。竹林が多く,美濃路起【おこし】宿により竹ケ鼻村へ至る街道がある。助郷は起宿に出役。鎮守は神明社ほか2社,寺院は真宗東派法源寺がある。明治4年岐阜県に所属。同5年の村明細帳の戸数104・人口496。同24年濃尾地震の被害は全壊92・半壊7(震災誌附1)。同30年羽島郡駒塚村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342501
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ