ケータイ辞書JLogosロゴ 櫟江荘(古代)


岐阜県>羽島市

 平安末期から見える荘園名。尾張国中島郡のうち。保元2年3月25日付の太政官符案に「尾張国櫟江庄」とあるのが初見で,藤原頼長が父忠実から伝領し,保元の乱後没官領となり,さらに院領となり(兵範記),のち高倉院から室町院に伝領されたが,正安4年室町院領は大覚寺・持明院両統に折半され,当地は持明院統に属して伝領した(集)。次いで長禄3年12月日付の高師長所領目録に「尾張国櫟江庄 勲功地也,当知行人山門辻本坊」と見える(蜷川家古文書)。櫟江神社の鏃石は,俵藤太が上洛の途次に刻んだという伝説がある。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342637
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ