ケータイ辞書JLogosロゴ 市平賀村(近世)


岐阜県>関市

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国加茂郡のうち。はじめ西尾豊後守光教領,元和9年西尾家断絶により養子主水が別家(中之元西尾氏)を立て,当村の一部を領有。残余は寛文2年から天和3年まで上野館林【たてばやし】藩領となる以外は幕府領。享保11年の幕府領の村明細帳では57戸・244人,馬11匹・牛11匹,田30町2反余・畑10町5反余・新田畑6町6反余。文化7年の幕府領村明細帳によると65戸・241人・馬15匹,田30町2反余・畑10町5反余・新開畑6町6反余。肥田瀬【ひだせ】・鋳物師屋【いもじや】と組合で,大平賀村から用水を引いたが十分でなかった。地内長みね・大知洞・土蔵洞に溜池があった。寺社は天然寺・万行庵・虚空蔵堂・十王堂・神明社など5社。明治2年の村明細帳には55戸・242人・馬3匹,田33町9反余・畑10町9反余。明治4年岐阜県に所属。「町村略誌」では63戸・314人・馬33匹,田64町7反余・畑7町余(民有地),米480石・大麦300石・実綿960貫・茶250貫・ブドウ300貫・煙草50貫を生産。明治24年の濃尾地震では,総戸数66戸・総人口337人のうち全壊26戸・半壊39戸・負傷2名(震災誌附1)。同30年富岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342667
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ