ケータイ辞書JLogosロゴ 稲口村(近世)


岐阜県>関市

 江戸期〜明治30年の村名。加茂郡のうち。はじめ西尾豊後守光教領,元和9年絶家となり,養子氏教(中之元西尾氏4,400石初代)が当村のうち30石を知行,残余は幕府領・聖徳寺領。村高は「慶長郷牒」472石余,「正保郷帳」では474石余(うち幕府領244石余・旗本西尾氏知行30石・聖徳寺領200石)。「天保郷帳」「旧高旧領」564石余,文化12年の村明細帳(幕府領分)によると,31戸・123人,牛1匹・馬6匹。田20町余・畑4町7反余。用水は津保川から柳洞で引水するが,全体として谷川・溜池(5か所)がかりで,旱損所であった。御膳籾などを上納。当地に寺領を持つ聖徳寺は大浦聖徳寺としてもと羽栗【はぐり】郡に開いた有名な寺で開山は閑善坊。その後各地へ移転し,江戸初期清洲【きよす】から名古屋へ移った。正保4年当地に寺地山林等200石の朱印地を与えられ,寺地を当地に移し,名古屋の旧地には掛所を設置した。まもなく本寺は再び名古屋へ移転し,寺堂を廃したが,寺領は幕末まで存続した。承応3年と寛文13年に寺と農民との間で年貢をめぐり対立した。明治2年の村明細帳では53戸・248人・馬8匹,田36町2反余・畑7町4反余。明治4年岐阜県に所属。「町村略誌」によると62戸・286人・馬23匹,民有地田52町3反余・畑3町9反余,米480石・大麦165石・実綿133貫・製茶180貫などを生産。明治24年の濃尾地震では,総戸数57戸・総人口296人のうち全壊33戸・半壊23戸・重傷2人(震災誌附1)。同30年田原【たわら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342685
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ