ケータイ辞書JLogosロゴ 伊吹村(近世)


岐阜県>各務原市

 江戸期〜明治8年の村名。美濃国各務【かかみ】郡のうち。関ケ原の戦後,長島藩菅沼氏領,元和7年からは幕府領。村高は「慶長郷牒」では945石余,「天保郷帳」では962石余,「旧高旧領」では945石余。幕末には南方の各務原【かかみがはら】台地の端々の開墾や出作を行った。鎮守は八坂神社。寺院は臨済宗妙心寺派山田寺・黄檗宗正福寺・浄土真宗東本願寺派桂雲寺・臨済宗妙心寺派陽徳寺・同無染庵。明治4年岐阜県に所属。同8年,飛鳥村・島崎村・吉兵衛新田と合併して伊飛島【いびじま】村の一部となる。のち当村域は,同30年蘇原【そはら】村の成立に際し蘇原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342717
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ