ケータイ辞書JLogosロゴ 今須村(近世)


岐阜県>関ケ原町

 江戸期〜明治22年の村名。不破郡のうち。幕府領,享和4年からは大垣藩預り地。村高は「元和領知改帳」1,103石余,「正保郷帳」1,884石余・妙応寺領20石。「天保郷帳」1,906石余。中山道の宿として栄え,東は関ケ原宿へ1里,西は近江柏原【かしわばら】宿へ1里。関ケ原宿との間にある今須峠は中山道難所の1つ。元禄15年の状況は家数363(うち町屋184)で,内訳は問屋・年寄6,庄屋・年寄3,年寄・肝煎10,宿諸入用横目帳付3,旅人泊り帳付2,肝煎25,馬さし2,御林番2,定使3,御定米蔵番1,神主1,寺20,歩行・馬役255(居益宿口上書)。助郷は19か村・9,603石。天保年間の戸数442・人数1,875。宿の東寄りにある妙応寺は長江重景が母妙応尼の菩提をまつるために建立した曹洞宗の寺院。当寺には中世の枡が伝えられ,また関ケ原戦の折,境内で自刃する者も多かった。宿の繁栄にも大きな役割を果たした。九里半街道(米原と濃州三湊または大垣湊との間)が通り,関ケ原と継ぎ荷物をめぐって相論を起こしている。当村と近江柏原宿との間に長久寺という小村がある。同村のうち5軒が美濃国のうちであり,俗に寝物語の里といわれていた。明治4年岐阜県に所属。「町村略誌」の戸数454・人口2,021。物産は米・麦などのほか良質の杉・檜・松・薪・炭。明治6年慣字義校開校。同15年今須郵便局設置。明治22年市制町村制施行後も単独で自治体を形成。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342751
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ