ケータイ辞書JLogosロゴ 岩佐村(近世)


岐阜県>美山町

 江戸期〜明治22年の村名。美濃国武儀郡のうち。はじめ幕府領,元和5年から尾張藩領。「慶長郷牒」の村高530石余。「正保郷帳」では566石余(うち田高399石余)。寛政年間の村高1,525石余で,米納。戸数153・人数659,馬39匹。紙漉が盛んであった(濃州徇行記)。なお,「新撰美濃志」によると,枝郷に樫瀬があり,社寺では鎮守の白山権現社ほか2社と真言宗大円寺,臨済宗竜吟寺・吉祥寺・円智寺,および修験道場の西正院,観音堂があった。明治初年の戸数196・人数867,馬48匹(明治五年村鑑)。同22年西武芸【にしむげ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342787
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ