ケータイ辞書JLogosロゴ 有家林村(近世)


岐阜県>河合村

江戸期〜明治8年の村名飛騨国吉城【よしき】郡小鷹狩【こたかり】郷のうち小鳥【おどり】川の左岸に位置する天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領地名の由来は,クリ・トチ・ナラの実がとれる有家村の林であった所を開墾して村を成したので,有家林と称したという(後風土記)「元禄検地帳」の村高は12石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では17石余「後風土記」によれば,当村は縦2町・横40間焼畑が6畝余あり,家数6・人数40余産物は米7斗・稗32石余・大麦4石余・ソバ5石余・大豆1石余・大繭3貫目・小繭46貫余・生糸11把・端不切紙50束・楮63貫目当村の東方は保木【ほき】へ10町,西方は羽根【はね】へ10町,南方は小鳥川,北方は高山村内には産土神の白山社があった明治8年保木村と合併,河合村の大字保木林【ほきばやし】となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342861
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ