ケータイ辞書JLogosロゴ 駅家郷(古代)


岐阜県>各務原市

平安期に見える郷名「和名抄」美濃国各務【かかみ】郡七郷の1つ東山道の各務駅を中心にして設定された郷「延喜式」の兵部省式によれば,各務駅には駅馬6匹が置かれていた前駅である方県【かたがた】駅から各務駅に至る経路は諸説あって定まらないが,方県駅の東方で長良【ながら】川を渡った後,各務原北部を東進し各務山の東から鵜沼に出たとする説が妥当であろう(日本古代の交通路)各務駅は各務原市鵜沼【うぬま】南町付近に比定し得る(濃飛両国通史・県史通史編古代)が,駅家郷もこのあたりと考えられる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7342948
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ