ケータイ辞書JLogosロゴ 大木村(近世)


岐阜県>河合村

江戸期〜明治8年の村名飛騨国吉城【よしき】郡小鷹狩【こたかり】郷のうち北流する稲越【いなごえ】川の下流に位置する天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領地名の由来は,村内に周囲7尋のトチの大木があったことによるこの大木が枯れても,その跡に5・6本ものトチの木が立ち並び,トチ木森といわれた(後風土記)「元禄検地帳」の村高は7石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では12石余「国中案内」では村高7石余,家数4軒「後風土記」によれば,当村は縦8町・横20間で家数5・人数30産物は米6石余・稗30石余・大麦3石余・小麦1石余・大豆2石余・荏1石余・菜種9斗・楮56貫目・大繭小繭34貫目・端不切紙350束・傘紙50束・カチ炭72貫目当村の東方と西方は山,南方は稲越へ20町,北は芦谷【あしだに】へ7町で高山へは7里余村内には産土神の白山社があった安政5年2月の山中大地震では被害軽微明治8年芦谷村と合併,河合村の大字大谷となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343075
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ