ケータイ辞書JLogosロゴ 大久後村(近世)


岐阜県>御嵩町

 江戸期〜明治22年の村名。美濃国可児【かに】郡のうち。上ノ郷十六か村の1つ。尾張藩領で木曽衆山村甚兵衛の給地。村高は「天保郷帳」「旧高旧領」共に50石余。寛政年間の戸数22・人口100,馬2匹。農業を専業とし,農間期には採薪し錦織【にしこうり】湊へ送り出す。イノシシ・シカが多く田畑を害することが多い。深山幽邃の地で,吏人の巡見も少ないという(濃州徇行記)。村内に八幡社がある。明治8年の村明細帳の戸数29・人口130。同年上ノ郷村の一部となるが,同13年再び分村。同22年上之郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343076
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ