ケータイ辞書JLogosロゴ 大沢村(近世)


岐阜県>東白川村

江戸期〜明治8年の村名美濃国加茂郡のうち白川下流域右岸に開けた山村苗木藩領検地は天正17年,慶長15年など「慶長郷牒」「旧高旧領」の村高は66石余,「天保郷帳」では101石余正保4年「定納帳」では94石余で,年貢賦課率は4つ4分1朱2厘(44.12%),定納高は山年貢ともに41石余であった戸口は宝永2年「相地御改め」では,本家12軒・脇家16軒(交告家文書)江戸期を通じ柏本【かしもと】村庄屋の支配下に属す寺院には当村のほか柏本・宮代【みやしろ】・下野【しもの】・久須見【くすみ】・中屋【なかや】・須崎【すざき】の7か村を檀家に持つ臨済宗妙心寺派青松山蟠竜寺があったが,明治3年の排仏毀釈の際廃寺となる以後村中改宗して神道のみとなる明治4年岐阜県に所属同年末の家数32・人口193(交告家文書)明治8年五加【ごか】村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343091
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ