ケータイ辞書JLogosロゴ 大杉村(近世)


岐阜県>関市

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国加茂郡のうち。幕府領。元和5年一部が尾張藩領となる。村高は「慶長郷牒」300石,「天保郷帳」「旧高旧領」302石余。尾張藩領については,慶安4年26人・馬3匹,中山道太田宿へ助郷に出役(美濃国尾張領村々覚書)。「濃陽志略」では9戸・49人,寺院は香林寺(古名耕雲庵)。「濃州徇行記」によると10戸・41人・馬1匹,田2町7反余・畑3反余。幕府領は,「濃州徇行記」に飯塚常之丞支配とあり,飛騨郡代の支配下にあった。屋敷取りも広く,竹木の茂った村と記す。天保9年の下川辺御役所へ提出の「大杉村預所明細帳」によると,31戸・110人,田16町4反余・畑3町4反余。溜池2か所で旱損所。稲はちこ・弥六・黒いねなどを栽培し,肥料として草・灰・干鰯などを使用。地蔵堂・天王社・平色社があった。明治2年の村明細帳(幕府領分)では32戸・128人・馬6匹,田16町4反・畑3町4反。明治4年岐阜県に所属。同5年の村明細帳(旧尾張藩領分)は10戸・37人・馬2匹。「町村略誌」によれば40戸・199人・馬10匹,田27町2反余・畑12町1反余(民有地)を耕作し,米127石・大麦38石を産した。明治24年の濃尾地震では総戸数48戸・総人口239人のうち全壊42戸・半壊6戸,死者1人・負傷者3人の被害(震災誌附1)。同30年田原【たわら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343112
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ