ケータイ辞書JLogosロゴ 大野村(近世)


岐阜県>白川町

江戸期〜明治8年の村名美濃国加茂郡のうち飛騨川支流佐見川上流域に位置するはじめ苗木藩領,享保17年からは苗木藩の500石返上により幕府領となる村高は「正保郷帳」57石余,「旧高旧領」59石余延享2年の村高再吟味の結果表高(古田)以外の内高(新田)が計上され,新田分が苗木藩に返され,幕府領と苗木藩領に二分された明治2年大野村明細帳によると村高59石余,家数14・人数102,馬10,秣場42か所・山林23か所神社は八剣大明神社明治5年大野村新田明細帳によると村高50石余,家数7・人数46,馬6農間は,男は山稼ぎ,女は布木綿着用稼ぎ,秣場20か所・山林9か所とある(白川町誌)明治4年岐阜県に所属同8年上佐見【かみさみ】村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343169
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ