ケータイ辞書JLogosロゴ 大森村(近世)


岐阜県>伊自良村

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国山県郡のうち。はじめ伊自良村のうち,江戸中期分村独立した。旗本御望松平氏知行地。村高は「天保郷帳」「旧高旧領」387石余。明治2年の村明細帳によれば,戸数51・人口239,馬6匹。嘉永3年矢嶋蟻道【ぎとう】は三光院内に水月庵を建て寺子屋を開設,文久3年まで近隣の子弟を養育した。同4年岐阜県に所属。同6年村有志により観音寺内に浚明学校が創立され,同13年現南小学校の地に移転,同校の前身となる。同14年の戸数56・人口247(町村略誌)。同24年の濃尾地震では総人口282のうち死亡8,総戸数64が全壊(震災誌附1)。同30年下伊自良村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343230
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ