ケータイ辞書JLogosロゴ 大和田村(近世)


岐阜県>海津町

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国海西【かいさい】郡のうち。はじめ高須藩徳永氏領,以後,寛永5年幕府領,元禄13年からは高須藩松平氏領となる。村高は「慶長郷牒」で528石余,「正保郷帳」で1,007石余(うち田380石余・畑225石余・草場新開400石余),「天保郷帳」「旧高旧領」では606石余で,草場地内を別にする。天保年間から安田良策,弘化年間から応声寺住職の寺子屋があり,明治6年まで続く(郷土海津)。同元年より助郷で中山道関ケ原宿に出役。同4年岐阜県に所属。同5年村明細帳では村高606石余(うち田406石余・畑199石余)。戸数114(うち大工4人・左官1人・医師1人)・人数502,馬7。水損多く,池役250文・鳥取役333文・堤役銀895文余を上納し,農間期には藻草取りをする。同24年の濃尾地震の被害は,全戸数132のうち全壊34・半壊98(震災誌附1)。同30年海津郡東江【ひがしえ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343254
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ