ケータイ辞書JLogosロゴ 小川村(近世)


岐阜県>下呂町

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国益田郡下呂【げろ】郷のうち。天正14年から金森氏領,元禄5年以降は幕府領。「慶長三郡高帳」254石余,「元禄検地帳」79石余,「天保郷帳」104石余。延享3年の家数42・田畑反別11町6反余。明治初年には家数46・人数352,産物は穀類のほか大繭16貫目・小繭500貫目・生糸250把・真綿16把・紬15疋・楮114貫目・3疋・川鯉6本・ウナギ4・ナマズ6・ハヤ1万1,000・ウグイ2,000・アジメ5貫目・雑魚3貫500目など。鎮守は神明宮・白山権現・天神(明治42年いずれも神明宮に合祀,小川神社とする)。東は山,西は川,南は初矢峠越えで乗政【のりまさ】村へ1里,北は森村へ半里,高山町へは13里内。当村から乗政へ抜ける道は,天正年間金森氏が中山七里の道を開く以前の飛騨街道。また江戸初期益田・竹原両川合流点に設置された大淵口留番所は,のち当村に移され寛政2年廃止された(後風土記・国中案内・飛騨編年史要)。明治8年三郷【みさと】村(現萩原町)の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343271
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ