ケータイ辞書JLogosロゴ 小津村(近世)


岐阜県>久瀬村

 江戸期〜明治30年の村名。大野郡のうち。慶長16年から信濃飯山藩領,寛永12年からは大垣藩領。村高は「慶長郷牒」「元和領知改帳」「正保郷帳」ではいずれも268石余,正保5年検地の村高276石余(うち無地高52石余・屋敷19石余・紙桑高9石余・山高18石),「天保郷帳」で276石余,「旧高旧領」では268石余。明治5年の明細村鑑帳に農間稼ぎとして男女ともに養蚕や炭焼きなどの山稼ぎが挙げられる。明治14年の物産調査に米233石・大麦30石・麻332斤・繭188斤・茶4,430斤・楮皮2,535斤・薪6,900貫・炭6万9,000貫などがある。村鎮守は白山神社で,同社の境内社に日吉・下ノ宮・神明・白髭・若宮・三輪・社護の各社があった。寺院は臨済宗妙心寺派の洞泉寺。当村の戸数・人口は,明和元年130戸・582人,安政4年166戸・695人,明治14年181戸・811人。明治4年岐阜県に所属。同22年池田郡に所属。同24年の濃尾地震による被害は半壊8戸(震災誌附1)。同30年揖斐郡久瀬【くぜ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343359
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ