ケータイ辞書JLogosロゴ 乙原村(近世)


岐阜県>久瀬村

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国大野郡のうち。尾張藩家老石河【いしこ】氏領。村高は近世を通じ118石余と変わらず。「正保郷帳」では村高118石余(うち田方67石余・畑方20石余)。明治5年の村明細帳によれば,村高118石余の面積10町5反余で,うち紙木桑高20石余,天明と安政両期の荒地引22石余,残高74石余はすべて畑方とされている。農作物は麦を主とし,他に米・蕎麦・大豆・小豆・そら豆・煙草があった。農間余業に製紙・石灰製造があり,石灰は川船で名古屋へ輸送した。戸数と人口は,寛延3年40戸・210人,寛政4年50戸・211人,文化9年52戸・242人,天保3年56戸・219人,嘉永6年59戸・256人,明治14年70戸・298人と漸増。村鎮守は白髭神社で,境内社に子安大明神がある。寺に真宗大谷派の専称寺がある。明治4年岐阜県に所属。同22年池田郡に所属。同24年の濃尾地震による被害は全壊2戸・半壊3戸(震災誌附1)。同30年揖斐郡久瀬【くぜ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343378
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ