ケータイ辞書JLogosロゴ 小那比村(近世)


岐阜県>八幡町

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国郡上【ぐじよう】郡のうち。はじめ郡上藩遠藤氏領,元禄6年から旗本井上氏知行地,正徳2年からは幕府領。村高は「慶長郷牒」374石余,「正保郷帳」465石余,「天保郷帳」463石余。明治2年の村明細帳の家数173・人数806,馬50匹。鎮守は白山社・熊野社・八幡社など,寺院は曹洞宗円通寺(郡上郡史)。「町村略誌」の物産は大麦・小麦・粟・黍・稗・蕎麦・炭・繭・楮皮・麻・茶・葉烟草など。同年の戸数189・人口1,066。明治4年岐阜県に所属。同30年西和良【にしわら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343384
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ